PL保険(生産物賠償責任保険)の費用相場や保険料の計算方法・目安について

PL保険は製造業者、販売業者、輸入業者、建設業などの請負業者など多くの業種を対象とするため、業種により保険料水準に大きな幅があります。保険料は大まかに、業種と売上規模、支払限度額(保険金額)により決定されます。また商工3団体などの団体契約と保険会社と直接契約する個別契約では、保険料に大きな差が出てきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PL保険は多くの業種(製造業者、販売業者、輸入業者、建設業など)を対象とするため、保険料水準に大きな幅があります。保険料の決定方法は大まかに下記のとおりです。

PL保険の保険料水準(相場)

PL保険の保険料は、業種と売上規模、支払限度額(保険金額)により決定されます。また商工3団体などの団体契約と保険会社と直接契約する個別契約では、保険料に大きな差があり、団体契約のほうが著しく廉価となります。インターネット上でも、商工3団体の保険料は確認できます。

保険料の例としてPL保険の費用相場 全国中小企業多団体中央会の団体契約の保険料をご紹介します。売上高100万円あたり保険料、支払限度額1億円の場合、

中小企業PL保険制度料率表(抜粋)

一般的に製造業は販売業より高くなります。製造または加工と販売を両方行う事業者は、製造業に近い保険料になります。輸入品の販売者は、その輸入品の製造者と同水準の保険料となります。販売者が販売者の名称等をつけて販売する商品(自社ブランド商品など)は、その商品の製造者と同水準の保険料となります。こうした保険料の適用方法は、PL法が消費者保護や被害者救済の立場から、輸入業者、表示製造業者に対して製造業者と同等の責任課しているためです。

保険料の決定方法

補償金額(支払限度額・自己負担額)の設定、業種と製品の種類、年間売上高に応じて保険料が決定されます。保険期間は1年であるため、毎年継続手続きを行うことになりますが、事故が発生し、保険適用を受けた場合には、次年度の保険料が変更になる仕組みもります。

まとめ

PL保険の保険料は業種により保険料水準に大きな幅があります。まずは、商工3団体の保険料を確認しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket