建設工事保険で盗難被害は補償されるか

建設工事保険は盗難事故を補償しますが、対象となる物について注意が必要です。工事目的物は補償されますが、工事用機械・工具は補償されません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

一般的に建設工事保険は盗難を補償対象としていますが、建設現場における盗難被害はなんでも対象となるわけではありません。全体像を確認しましょう。

1.盗難されたものが、建設工事保険の保険の目的であることが条件

建設工事保険の保険の目的は、工事の目的物(工事の対象となっている建築中の建物など)、工事に付随する仮工事の目的物(型枠工、足場工、支持枠工など)、工事用仮設物(電話配線、配管、電話設備、照明設備など)、工事用資材・材料、工事用仮設材です。これらに、工事用仮設備や工事用機械・器具・工具は含まれません。

大凡の整理をするなら、「対象となるのは、工事で作る物、対象とならないのは、工事作業を行うために用いる設備・機械・道具」となります。

2.その他注意点

損害発生後30日以内に知ることができなかった盗難の損害は補償対象となりません。また、紛失も対象となりません。盗難か紛失かの判別は警察への被害届を出した結果、その受理内容によって判定されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket