建設工事保険と火災保険の違いについて

建築中の建物も火災保険に加入できますが、建設工事保険との違いはなんでしょうか?建設工事保険の方か工事請負契約に基づいた、より工事現場の実態に沿った保険と言えます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

建築中の建物は、火災保険と建設工事保険のどちらに加入すべきでしょうか?建設工事保険に加入する方が、補償される対象物、補償される事故の範囲は広がります。

1.建設工事保険は、工事工程の進捗に応じた補償が設計されている

建設工事保険はその名のとおり、建設工事中の工事物件を補償対象としていますが、建設目的物である建物のみならず、工事で付随して施工される設備なども補償対象となること、さらに設計ミスや作業ミスによる損害も補償することなど、建設工事現場に沿った保険設計となっています。一方で工事の補償対象物を火災保険で対応する場合、予め付随工事で成功される仮設物や設備について列挙・明記する必要があるなど、加入手続きが煩雑になり、実務上の不可を考えると選択の余地はありません。

さらに、設計ミスや作業ミスについては、そのミスよって発生した事故の形態により補償されるか明確でないなど、建設工事保険よりも補償面で見劣りします。

したがって、工事中の物件に契約することはおすすめできません。

なお、発注者や施主が工事業者に対して工事物件について「火災保険の加入」を義務付ける場合がありますが、ほとんどの場合は、建設工事保険を含めた損害保険加入を促す意図であり、火災保険に限定していることは、ほとんどありません。

2.それでも火災保険が建設工事保険よりも優れている点はある

住宅建物の建築に限っては、地震保険をセットできる点において、建設工事保険よりも火災保険が優れています。建設中の住宅について地震保険に加入するためには、火災保険とセットとする必要があり、その住宅に住むことが確定している人(施主)との請負契約、あるいは、施主がハウスメーカーである場合は、ハウスメーカーとその住宅に住むことが確定している人との売買契約が成立していることが最低条件となります。また、その火災保険と地震保険を保険会社が引き受けるかは、保険会社の判断となります。

なお、建設工事保険で地震を補償することは原則的にはできませんが、保険会社が独自に設計する「拡張担保特約」で補償を行う場合が稀にあります。

(参照:建設工事保険で地震の被害を補償できるか?)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket