建設工事保険の保険料の相場と割引を受ける方法

建設工事保険の保険料は、物件の構造、所在地などで決まるためバラツキがありますが、平均すると請負金額100万円あたり2,000円程度。更に割引を受けるためには?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

建設工事保険の保険料は、物件の構造、所在地などで決まるためバラツキがありますが、平均すると請負金額100万円あたり2,000円程度。経営事項審査結果で3割安となる可能性あり。

1.建設工事保険の保険料の相場

建設工事保険の保険料は、主に工事物件の耐火構造ランクと所在地、工事期間、建設工事業者の経営事項審査結果により算出される保険料率と請負金額によって決定されます。(建設工事保険の保険料率の決まり方(計算方法)を参照)

したがって、工事ごとに保険料相場にはバラツキありますが、平均的な保険料としては、請負金額100万円・1年あたり2,000円程度です。

具体的な例

請負金額 1億円 所在地:東京都

物件の構造 建築基準法に定める準耐火建物で45分以上(1時間未満)の耐火性能あり。(耐火構造は保険料が安い)

工事期間 半年

建設工事業者の経営事項審査結果評点 766点

1億円/1000×1.45×0.70×1=101,500円

2.割引を受ける方法

①経営事項審査の審査結果通知書の建築一式の総合評定値(P)により、下記の割引係数が適用されます。

評点1,050以上なら0.7、945~1,049なら0.8、770~944なら0.9、769以下なら1.0

評点が769以下と1,050以上の2つ事業者の間には、30%の保険料差が出てくる事になります。上記の計算例で、評点1,056点の事業者は、71,050円となります。

経営事項審査評点を向上させることで、保険料の割引につながります。

②年間包括契約を締結することで保険料が10%引きになります。

1年間に請け負うすべての工事を包括的に同一保険会社で加入することで、保険料が10%引きになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket