企業財産の保険のまとめ

No Image

動産総合保険のあらまし|特徴と活用方法・注意点

動産総合保険は様々な動産を保険の対象とし、その保管・使用状況、高額な物件の有無や運送・移送の範囲や頻度などの実情によっては、有効なリスクヘッジを設計できる可能があります。その活用方法と注意点をわかりやすく解説します。

No Image

動産総合保険で現金を補償の対象にできるのか

現金を対象に動産総合保険に加入することは可能で、法人や事業者を中心に加入実績があります。「現金総合保険」等の名称で3種類に大別されます。比較的補償金額が少額なパッケージ化された商品と、売上高の規模に応じた掛け金を算出する […]

No Image

動産総合保険で自動車は補償されるのか

自動車に動産総合保険を掛けることは、できません。 自動車の財産的価値を補償するには、自動車保険の車両保険があります。そのため、保険商品の分野調整上、棲み分けされ、動産総合保険の加入対象としていません。この分野調整は、ユー […]

No Image

補聴器にかける補償|動産総合保険について

補聴器は50万から100万円以上まで高額となることから保険に加入したいというニーズがあるものの、実際も補償内容は限定的であるため、注意が必要です。補聴器にかかわる保険についてまとめます。

No Image

動産総合保険と火災保険の違いについて

動産にかける保険は、火災保険と動産総合保険のどちらが有利でしょうか?保険料としては火災保険の方が廉価であるため、特に個人は火災保険を掛けておけば良い、と考える方も多いですが、本当に大丈夫でしょうか?

No Image

動産総合保険で美術品は補償されるか

美術品に保険を掛ける場合は、動産総合保険が代表的です。盗難リスクのみを補償する場合は、盗難保険となります。美術品の価値については、一般的には理解されにくいプレミア価値を含み、一部損害や修理の可否に関する考え方が特徴的で、 […]

No Image

動産総合保険の保険金額の決め方・新価特約について

動産総合保険の保険金額を家屋の火災保険のように新価基準で契約することは可能でしょうか?事故が起きたら、新品購入しかありえない新鋭機械に保険を掛けたいのですか、新価契約の条件はありますか?わかりやすく説明します。

No Image

動産総合保険は盗難被害も補償されるのか

動産総合保険は、盗難被害を補償します。ただし万引き、紛失は対象となりません。盗難と万引きの違いはないでしょうか?動産総合保険で盗難だけを補償することはできるのでしょうか?わかりやすくご説明します。